【最愛】第1話の感想・ネタバレ/『Nのために』を彷彿とさせる期待通りのスタート

最愛 第1話

最愛第1話 感想 ※ネタバレ注意

今期、最も楽しみにしていたドラマがついに始まりました。「Nのために」の制作チームが作り上げる完全オリジナルのサスペンスラブストーリー『最愛』。

殺人事件の重要参考人となった女性実業家・真田梨央と、彼女を追う刑事・宮崎大輝、彼女を支える弁護士・加瀬賢一郎の3人を中心に、15年前の事件から現在の連続殺人事件へと繋がる謎に迫るという本作。冒頭、大輝役の松下洸平さんのナレーションから一気に物語に引き込まれ、あっという間の1時間でした。

15年前。2006年の岐阜県白川郷。

その頃の梨央は、事故が原因でカッとなったら記憶を無くしてしまうという弟を救う薬を開発したいと、東京の大学の薬学部を目指す高校3年生。白山大学陸上部男子寮の寮夫として働く父・達雄に代わり、腹違いの弟・優の面倒をよく見る、寮の看板娘でもありました。そんな梨央が想いを寄せていたのは、陸上部のエースである大輝。大輝が走る地区選考会に駆けつけ、声援を送る梨央の姿は、見ているこちらが恥ずかしくなるような初恋の初々しさがありました。また、大輝も梨央を思っており、2人は相思相愛。しかし、そんな2人を引き裂くかのように事件は起こってしまいました。

ある夜、寮に訪ねてきた大学院生の渡辺康介。このシーンはこれから嫌なことが起こるであろう予感しかなく、すごくハラハラさせられ目が逸らせませんでした。直接的な部分は描かれることが無かったですが、康介は梨央に薬を飲ませたのでしょうか。夜中4時すぎ、寮の食堂で勉強して気づいたら寝てたと帰ってきた達雄に話した梨央。何か重大な事態が起こっていそうでしたが、梨央は全く覚えていないようでした。その時、手には見覚えのない出血と、土で汚れていた達雄の足元、洗濯機の中に血のついた服、何かあったのではないかという不安も同時に抱えていそうでした。

その数日後、渡辺康介の父が息子を探しに寮にやって来ました。息子を必死に探す姿がすごくリアルで、梨央が何か知っているのではないかと懸命に尋ねる姿は大事な息子を何としても見つけ出すという強い思いを感じました。

大学受験を無事に終えた梨央でしたが、梨央と優を守る、何も心配するなという言葉を遺し、達雄がくも膜下出血で帰らぬ人になってしまいます。梨央は達雄が隠していたであろう血のついた服を見つけ、事件に自分や父が関わっていることを察しました。そして梨央はその服を燃やし、自分の胸に全てを仕舞い込みました。

全国駅伝まで6日。「女の旅立ちを見守ってこそ男や。好きなら引き留めて泣かしたり困らしたりしたらいかんぞ。」と大好きな姉の旅立ちを応援することに決めた優。まだ幼い優が、父を失い、姉とは母が違うことを聞かされた上に、父の言葉を胸に送り出すのを決意したのにも感動しましたし、父を失った梨央を支えたくて何もできないままだった大輝が「好きやよ」と優しく抱きしめる姿にも胸を打たれました。松下洸平さんの方言も違和感ひとつ無く、本当にお上手でしたね。

母の元に上京することを決めた梨央は出発の日を大輝に告げることはしませんでした。駅伝大会を走り切った大輝に、小さく手を振りさよならをそっと告げた梨央。この時には、今後もう会わないことを決めていたんですね。梨央の母である梓に命じられやってきた弁護士の加瀬の優しさも随所に散りばめられており、これから梨央を支えてくれる存在になるんだろうなと簡単に予想させました。

そこから15年の月日が経ち、真田ウェルネスの社長となった梨央は刑事になった大輝と思わぬ再会を果たしました。そのきっかけになったのは東京で渡辺康介の父、渡辺昭が死体で発見されたこと。昭は梨央に会いに会社まで訪ねてきており警察の疑惑の目は梨央へ。きっと康介のことを尋ねるためにやってきたんでしょうね。達雄にとって梨央と優が大切な存在であるように、昭にとって康介も最愛な存在であることは間違いありません。

10日前に発見された白骨化された康介の遺体の側には当時梨央の合格を願って渡した大輝のメッセージ入りのお守りも見つかっています。大輝と梨央しか知らない事実ですが、このことを受けて大輝はどのように動くのでしょうか。

「真田梨央です。初めまして」大輝のことに気づいておきながら初対面を装う梨央。赤いリップを塗り、洗練された女性に成長した梨央。上京しどんな環境が梨央を待ち受けていたのでしょうか。及川光博さん演じる専務の後藤の潰すまでやるという発言も気になるところですし、情報屋の若い男はもしかすると梨央の弟、優なのでしょうか?田中みな実さん演じるフリーライターもきっと今後真相に迫っていくのでしょう。

事件の真相は一体どこにあるのか。康介を殺害したのは梨央なのか‥。もしかすると優なのではとも思ってしまいましたが、15年前の事件当時、無くしたという優の携帯が事件の紐を解く鍵にもなりそうな予感です。

また、いいところで流れる宇多田ヒカルさんの主題歌も最高でしたね。作中使われる音楽のひとつひとつもドラマにピッタリでした。期待通りの第一話。次回が本当に楽しみです。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie