【婚姻届に判を捺しただけですが】第4話の感想・ネタバレ/キャラ変した柊、坂口健太郎くんの魅力が全開

婚姻届に判を捺しただけですが 第4話

婚姻届に判を捺しただけですが第4話 感想 ※ネタバレ注意

今週は、柊、坂口健太郎くんの魅力が全開でしたね。かわいい笑顔、苦悩する姿、そしてちょっと危ない顔も見えました。

明葉のハグを友情のハグだと思った柊は、初めてできた女友達だとはしゃいでいます。でも、柊への恋心を自覚した明葉にとっては辛いことです。2人で決めたルールも、友達だからと無視してしまいます。可愛すぎです。坂口くんの笑顔は本当にいいですね。

唯斗がまたチラシの相談に来ました。唯斗には偽装結婚も、柊を好きなのもバレバレです。柊とどうなりたいか聞かれても、答えられない明葉です。

コンペがダメだったことを知って、元気づけようと料理をする柊に、明葉は辛く当たってしまいました。柊に日帰り温泉に誘われても断ります。そばにいる時間が長いと、もっと好きになってしまいますからね。初めての友達がうれしくて距離感がつかめなくてと、素直に謝られると、心が動いて、明葉は柊の友達になる決意をします。

何かというと出会う麻宮祥子。偽装夫婦という名の友達って言ってしまいます。

箱根の日帰り温泉、兄夫婦も一緒でした。兄の車で、とは言ったけど、一緒とは言ってないですね。

明葉は、乗り物に強いと言いながら、ガイドブックを読んでいたらやっぱり酔ってしまいましたね。

美晴が体調が悪いというのは、妊娠ではないかと思ったけど、違うのでしょうね。

車に酔って休んでいた明葉が気がつくと、目の前に柊の顔が‥。柊の膝枕で眠り、手をつないでいました。びっくりしますよね。もう一度寝てって、アピールする柊のかわいいこと‥。友情の膝枕、あるわけないですよね。

旅館に着くと、柊の隣に明葉がいて、だいぶ後ろに美晴がいたのに、柊の奥さんを美晴だと思ってしまう支配人。すぐに柊は訂正したけど、ショックですよね。

大浴場に行きかけて、他人と一緒のお風呂は‥と辞めてしまう柊。柊らしいといえばらしいですね。大浴場帰りに美晴とベンチに座ります。

明葉は柊の兄・旭と食事の会場で話します。旭は本当に美晴が大好きで、この先夫婦に何かあって、ほころびができてつぎはぎだらけになっても、美晴のそばにいられればそれでいいと言います。

柊と美晴も話します。親戚ぐるみで旅行するのが夢だったという美晴。美晴は子供ができないことを気にしているようです。兄は美晴が幸せなら、子供がいてもいなくても気にしないという柊です。美晴は、初めて自分の本音を話します。「旭君となら完璧な家族を作れる」と。柊がどういう意味なのか聞くと、「私が欲しい理想の家族を手に入れられる。ほころび一つなく」それが旭と結婚した理由だといいます。がっかりしたかと柊に聞きます。

美晴は、寂しい家族だったからでしょうか。夫婦がいて子供がいて、いつも笑顔があふれるような家庭が欲しかったのでしょう。旭のことが好きだからではなく、旭なら、よい夫、父親になってくれると思ったのでしょうね。優しくて、お酒の失敗もないし、浮気もしないだろうと。柊みたいにかっこよかったら、寄ってくる女子がいて、心配ですよね。柊が、美晴の選択肢に入っていたわけではないでしょうが。

眠れなかった翌朝、いつものように柊を起こしに行くと、会議なのでと手紙があって、家を出た後でした。起きられない柊が先に出たというのは、柊も、眠れなかったということですね。柊が気になっているのは美晴のことのようです。

明葉は、柊に紹介してもらって、大好きな作家に会いました。塩対応にショックを受けているのかと思っていたら、明葉は、それは全く気にせず、会えたことだけに感動しています。自分が勝手にイメージしていたことだからと。その言葉に何か感じたような柊でした。

「あんたにアッキーはもったいない」と柊に言った唯斗の真意は何だったのでしょう。

柊は家に帰って、明葉に前日のことを謝り、落ち込んでいた理由を話します。勝手にイメージ作って勝手に幻滅した自分が悪いと、美晴は美晴だと、明葉の言葉で気がついたのですね。そんなの当り前、誰かを好きになることって勝手なんだという明葉。いいことを言う明葉。

片想いは勝手に自分が作り上げた人に恋しているんですよね。

柊は、妻として紹介することも多いからと、結婚指輪を買ってきました。結婚してくれてありがとう、あなたとだからこうして夫婦でいられるなんて言われたら、明葉の思いはつのりますよね。柊にとって、好きなのは美晴で、その不毛な恋の隠れ蓑が明葉。でも、一緒に生活していくのは、誰でもうまくいくものじゃないから。それが分かっているからですよね。恋愛ではないけど、心が通じ合っていると、柊も感じているのでしょう。

明葉は柊に「私が掟を破ったらどうしますか?」と言いました。好きになってしまったこと、もう、隠せなくなったのでしょう。柊は、その言葉の真意をわかっているのでしょうか。見つめあう2人でしたが、そこで玄関のチャイムが鳴ります。柊の兄がいて、美晴が来ていないかというのです。配達から帰ったら、記入済みの離婚届が置いてあったと。

美晴に何があったのでしょう。次回の予告を観てもよくわかりません。美晴は家出をして柊と明葉の家にいるみたいでしたね。明葉と柊の話はあのまま途切れてしまったのでしょうか。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie