【ムチャブリ! わたしが社長になるなんて】第5話の感想・ネタバレ/大牙は雛子を意識し始めるも雛子の心は浅海へ向かう

ムチャブリ!わたしが社長になるなんて 第5話

ムチャブリ! わたしが社長になるなんて第5話 感想 ※ネタバレ注意

前回、大牙が「俺、あなたのことすっげー嫌いなのに‥」と言って、何を言うのと思っていたところに突然現れた浅海、「ワイン飲みたくなっちゃって」って、2人は戸惑っています。

大牙に、「高梨のことをどう思う」と聞きます。社長としてのことだけど、ドキッとします。社長らしくはないと言いながらも、以前のような敵意いっぱいではりません。

凛々子の「あの人笑わないのよ」という言葉を思い出す雛子ですが、雛子には浅海が笑っていた場面がたくさん思い出されます。笑われていただけなのかと思う雛子ですが、あの笑顔は雛子に優しかったです。

入浴後、すっぴんなのを思い出して逃げ帰ろうとしますが見つかって、一緒にフルーツ牛乳を飲むことになってしまいます。

秘書の時はいつも一緒で、2人きりということもあったはずなのに、緊張してしまっています。

雛子なら島本ワイナリーとの契約が取れると思ったのは、雛子の無鉄砲なところが心を動かすからでしょうか。「がんばったね」という優しい言葉にやる気がみなぎる雛子です。2人の様子を見た大牙は心穏やかではない様子です。

友人の知美が雛子の会社の短期の求人に応募してきました。雛子の存在が知美を勇気づけでいたのですね。友達に会社での顔を見せるのは、恥ずかしいですよね。

雛子はやる気に満ち溢れていて、どんどん計画を勧めます。野上フーズがまた同じようなイベントを計画していることが分かります。浅海を意識しているのは、やはり何か理由があるのでしょうね。

強引にイベントを1週間早めることを決める雛子。いつも穏やかな宮内も切れてしまいました。今でのダメなところもあるけど、一生懸命な雛子の方が一緒に仕事をしたいと思うのでしょうね。

浅海と飲みに行って、酔っぱらって泣いてしまう雛子。嫌われて孤独なのが辛いという雛子に浅海は、孤独が分からないといいます。雛子のころころ変わる機嫌や、無茶苦茶なところをおもしろいという浅海は、自分と正反対だからそう感じるのかもしれません。君みたいな人は見たことないと言い、「君はそれでいいんじゃない」と、肯定してくれることは雛子にとって最高の言葉ですね。

浅海と2人で歩いている時、野上フーズの社長の息子と専務の葛原が会っているところが見えました。自分でも予想がついていたというのは、こちらの情報を野上フーズにリークした人間がいるということでしょうか。

専務が裏切っていても気にしないという浅海。誰が味方で誰が敵かなんて考えないという浅海。誰のことも信じなければいいと言います。辛い言葉。雛子は、みんなが味方だと思ってしまうタイプですね。

雛子は自分を取り戻し、足で探しに行きました。それが雛子らしいですよね。ライバルの野上フーズに行ってしまうなんて、普通なら考えられないですよね。それができてしまうのが雛子なんですね。

大牙の「バッカじゃないの」いいです。野上フーズに頭下げる前にやるべきこと、会社のみんなと話すことですよね。普通の社長っぽくないって言ったのは悪いことじゃないって、1人で抱えこんだ気になってって‥。目が覚めて、社員たちに謝る雛子です。

みんなが社長にしてくれたと、みんなと仕事がしたいという雛子に、いつもの会社に戻りました。雛子のいい体験になっていました。浅海に、支えたくなる社長だという宮内です。浅海がこだわった理由が分かったと。

柚とデートする大牙ですが、話すのは雛子のことばかり。愚痴っているようですが、笑顔です。柚は、「雛子さんのことが好きなんですね」と素直に言ってしまいます。

大牙は柚のことが気になっていますが、柚にとっては尊敬する先輩で、恋愛感情があるわけではないから、素直に言えます。気づいてないのかと聞かれ、危なっかしいから目に入るだけだと言います。

野上フーズに行った雛子の気持ちが理解できない浅海。誰も信じない浅海と違って、雛子は、誰が敵か味方考えずに、頼れるものには頼ってみたと言います。ライバルさえも信じる雛子ですね。信じられる仲間がいるからダメ社長でもやっていける、一緒にがんばって行くという雛子に、「俺は君みたいにはなれない。すごいと思うよ」と言って電話を切る浅海。

雛子はまだ誕生日が残っていると気がついて、ケーキを代わりのシュークリームにろうそくを刺して社長に持っていきます。「君といる時だけは何でこんなに笑えるんだろう」と寂しげに言う浅海を後ろから抱きしめて、社長には私がいるという雛子。

大牙は雛子に電話をかけます。鞄の中の携帯が鳴っていることには気づかない雛子です。大牙は何を話そうと思っているのでしょう。

浅海は何か闇を抱えていて、雛子だけがそれを消せそうな気がします。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2022 OTONOKO movie