【ムチャブリ! わたしが社長になるなんて】第7話の感想・ネタバレ/自分の恋心に気付く3人、ワーママの悲鳴

ムチャブリ!わたしが社長になるなんて 第7話

ムチャブリ! わたしが社長になるなんて第7話 感想 ※ネタバレ注意

凛々子と浅海の抱き合う様子を見て、泣いてしまった雛子を抱きしめた大牙。笑っている方がいい、嫌いなわけじゃないと、思い切って言った告白ですが、雛子はなぐさめてくれたとしか思っていなくて、大牙はがっかりですね。こんなにかっこいいのに恋愛に慣れてないって不思議です。

雛子と大牙が自分の恋心を自覚しました。浅海も雛子への特別な思いに戸惑っています。大牙は柚に言われて気がつき、浅海も凛々子に指摘されています。ラブコメあるあるですね。雛子は自分の行動で気がついた感じでしょうか。

翌日雛子に言い訳をする浅海。口外されることを心配しているのだと、雛子は思っています。

雛子を追いかけた浅海。凛々子に指摘されても、恋は自分の人生にいらないなんて悲しいですね。

友人が社長の会社に就職、小さな会社ならあるかもしれませんが、友人をなくすことになりかねないと思います。雛子は、仕事の愚痴を言っていた相手に、もうそれは言えなくなるわけです。

この2人は心からの親友だから、大丈夫かもしれませんが。知美は、まじめで几帳面な性格だから、すべて完璧にしようとします。正社員となって、張り切っていましたが、難しいですね。専業主婦だった時と同じようにしようとしたら、パンクしてしまいます。

夫の協力、と言ってもなかなか難しいでしょう。説明するのに時間がかかってしまいます。ストレスになりそうです。実際知美の夫も、食器洗いひどかったですね。文句は言わないけれど、全く気がつかない夫です。聞かなくたって、やらなければならないことはわかるでしょうに‥。イライラしますね。

思い切って食事に誘う大牙ですが、雛子は相談ごとかと思ってしまいます。仕事モードでしか見ていません。同僚の宮内と田辺に、女性は押しに弱いと言われ、休みに押し掛けてしまう大牙です。でも、大牙が来た理由がわからない雛子。全く恋愛対象ではないのですね。素顔に眼鏡で、部屋着でも平気です。

なぜ来たのか全く分からない雛子でしたが、元気づけようとしていると思っています。一緒にいて楽しくないかと聞かれて楽しいと答える雛子です。ちょっとドキッとする場面もありましたが。雛子のジャガイモの皮むきはほんと雑です。

浅海に相談してもなんかそっけないですね。君の判断でいい、君が社長だとは言うけど。

大手スーパーでレストランのお弁当が買えたらいいですね。でも、同じ味というのは難しそうです。

「仕事が楽しい」はいいことなのかって、深山はいつも哲学的です。

柚は野上と付き合うことにしたということでしょうかきっと。大牙と合うのは自分じゃないというけど、大牙が雛子のことが好きなことは言いません。他人が言うことではないと思っているからですね。

野上は柚からいろいろ聞き出していて、柚も変に思っていますね。でも、好きになってしまったから、うやむやにされてしまいます。本当に何を考えているのかわからない人です。

葛原は何を企んでいるのでしょうか。

子どもが母に気を使っている様子にショックを受ける知美。ケガは学校でだけど言わずに帰ってきたのですね。夫は、もっと近くで短い時間がいいのではないかと、けんかになってしまいます。知美の仕事のやりがいとか、深く考えていないのが分かります。手伝うじゃないんですよね。一緒にやっていくと言う気持ちが大事です。みんながぶつかることですね。

雛子は、知美に仕事を振っていいのか浅海に相談します。意欲のある人間はつぶれやすい、自分のSOSが聞こえないって、深山の話と通じるものがありますね。目を離さない方がいいと言います。さすがです。そんな過去があるのでしょうか。

帰ってこないと知美の子どもから電話があって、家に行ってみると荒れていました。

いろいろ心配していましたが、電車で寝てしまって乗り過ごしたのでした。自分から家出をしたわけではなくて、安心しました。それだけ疲れているということですね。

結婚して子供が生まれて幸せだけど、がんばって勉強して働いていた時の自分は死んだのかと思って、もう一度働きたいと思ったと。やめようと思うと言います。

完璧主義者だから、ゼロか100か、なのですね。学生時代に一緒にアルバイトしていたお店思い出話、いいですね。1人で頑張らずに頼っていいと言います。甘えていいと。いい関係ですね。家に帰ると夫が片付けていました。こちらもうまくやって行けそうでほっとしました。

柚にフラれたショックだと思っている雛子。全く気がつかない雛子。いきなりキスするなんて大牙、本当に慣れてないわけではないですよね。顔に添えた手が大事そうで素敵とネットで盛り上がっていたようです。

葛原がしていることが分かったのでしょうか。今回のプチボナールのお弁当を、おしゃれなスーパーでっていうのは、裏があったと言うことですね。契約を交わす前でよかったのでしょう。浅海が、雛子の判断に任せずにチェックしていたら、こうはならなかったのでしょうか。

葛原が電話した相手は大牙でした。「うまく行ってよかった」なんて、スパイなのでしょうか。どこまでが本心なのか、気になります。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2022 OTONOKO movie