【ラジエーションハウスII】第8話の感想・ネタバレ/有名人だからこそ、比較対象が姉妹の苦しみ

ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート~ 第8話

ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート~第8話 感想 ※ネタバレ注意

“妹の劣化版”すごくインパクトのあるこの言葉が、乃愛を苦しめ、さらに広瀬演じる広瀬アリスさんもこの言葉に苦しんだ過去があると打ち明けるなど、考えさせられる回となりました。

自分の頭に10円ハゲができているのを見つけ、激しく凹む広瀬のもとに、高校時代の恩師に付き添われ、花倉乃愛が検査にやってきます。3ヶ月前からふらつきがあると訴える乃愛。検査をする乃愛に妊娠している可能性はないかと唯織は尋ね、さらにはウイッグを付けていないかと続けます。唯織の観察眼の凄さには驚きましたが、若い乃愛の髪が白髪交じりのグレーヘアだったことは、かなりの衝撃がありました。そして、親や学校にも言わないでと話した乃愛の苦悩が見ていて辛くなりました。

「世界で活躍するアイドルになりたい」という小さい頃からの夢がある乃愛は、一緒のオーディションを受ける妹といつも比べられ、SNS上で妹の劣化版と言われることに劣等感を抱き、無理なダイエットで貧血や骨粗鬆症を引き起こしていました。姉に憧れたり、妹を羨んだりというのは年頃の姉妹あるあるなのかもしれませんが、乃愛が抱える悩みはそれ以上のものでしたね。そんなに自分を否定しなくてもいいんだよと声をかけてくれる大人がそばに居なかったのかなと思ってしまいました。

放射線科のカンファレンス。手術痕を気にして手術に躊躇いを見せた患者の話になると、みんなが口を揃えて健康を優先すべきだと話しました。そんな中、広瀬は「結局みんな綺麗な人が好きじゃないですか?」と憤りを見せました。そして、過度なダイエットを続ける乃愛を心配する気持ちがありながらも、乃愛の気持ちがわかると話すのでした。

細ければ細いほどいいと言うような風潮が少なからず存在する現代の日本で、姉妹という1番身近な人間同士だからこそ比べられやすくなってしまうというのは辛いものがありますよね。広瀬さんが撮影中、感情移入し過ぎて心が正直超キツかったと語ったように姉妹で芸能界にいることも、私たちが想像できない苦労があるんだろうなと感じました。

また、渚と広瀬がシーズン1でよく見ていた謎のドリンクを飲む演出は懐かしさがありました。わかめスムージーは絶対美味しくないですよね(笑)渚から技師を志した理由を聞かれ、「誰かに元気を与えられる素敵な大人になりたい」と答えた広瀬。その夢が広瀬をいつも後押ししているのかもしれないですね。

まさか広瀬が、ラジエーションハウスの仲間の前で自らの片思いを告白するなんて意外でしたが、それほどまでに乃愛に伝えたいことが大きかったんだと思います。健康のためよりも今の自分の見た目をどうにかしたいと頑なだった乃愛に夢を叶えることももちろん大切だけど、それ以上にせっかく見つけた大好きなことを大切にしてほしいと訴えたシーンは本当に印象的でした。広瀬の「もっと自分を大切にして」が乃愛に届いて本当に良かったです。

検査の結果、卵巣腫瘍が原因だと分かった乃愛はみんなにも知って欲しいことだからとライブ配信により、きちんと栄養を摂る大切さを訴えました。

隠していた白髪も躊躇うことなく映し、無理なダイエットが骨折や不妊症のリスクを抱えることを話し、もっと自分を大切にしようと思うと語ります。そして、そう気づかせてくれたのは放射線技師だ、私もその人みたいに誰かに元気を与えれるような素敵な大人になりたいと広瀬のことを話すのでした。広瀬がかつて志した大人像が、乃愛の新たな目標となったこと感動的でしたね。

ラストシーン、心から尊敬しているのは杏だと口走り、慌てる唯織。杏も予想しない言葉に戸惑いを見せていました。2人の関係がついに動き出すのでしょうか。恋愛偏差値0、広瀬の思いに全く気付く素振りもない唯織には、まだまだ遠い道のりかもしれません。次回は田中回ですね。楽しみにしたいと思います。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie