【真犯人フラグ】第12話の感想・ネタバレ/誘拐犯が判明!やっぱり宗教がらみ?

真犯人フラグ 第12話

真犯人フラグ第12話 感想 ※ネタバレ注意

林の死亡、光莉の衝撃的な言葉、篤斗に迫る菱田と木幡‥と気になる展開を残した前回。今回はやっと色々な点が少しだけ線となり繋がってきた感じがありました。最後には凌介までもピンチに陥り、次回も目が離せません。

林が死亡したこと、光莉の動画を見て、全部俺のせいなのかと落ち込む凌介に、「2人とも生きているってこと、何があってもやるべきことを忘れるな。」と河村は励ましました。確かに、2人が生存していることだけが凌介にとって救いであると思います。きっと凌介の無実はいつか証明されるはず‥。しかし本当に次から次へと凌介を絶望の淵へと落としていく展開は見ていて心苦しくなってしまいます。

また、林の本人確認を恋人の茉莉奈が行いましたが、泣き崩れる様子もなく意外と冷静でしたよね?死の真相を知っているのでしょうか?さらに、このシーン、林の時計がないことを聞かれ、普通の時計だったと答えた同僚の表情も少し引っかかりました。

事態はさらに悪化し、凌介の職場には嫌がらせが止まりません。これ以上やったら訴訟を起こすという声明文をホームページに出すよう二宮は太田黒に再度念押しますが、凌介を見張るようなTwitterのアカウントまで存在し、凌介の命が本当に危険に晒されるのではという危機感がありました。

Twitterの書き込みについて、“正義感溢れる全国の誰かさんが監視している”と二宮が話していましたが、確かにこういう善意のような善意でない行動をする人って、沢山いるんですよね‥。

また、望月が清くんに「怖いことって人に話すと怖くなくなる」と声かけ、何か聞き出そうとしている印象を受けました。今後、清くんの口から何か語られるのでしょうか。それにしても、猫おばさんは、一瞬しか出ないのに毎回相当なインパクトがありますね(笑)

そして、心配していた事態が起きてしまいました。階段から女子高生に突き落とされた凌介。お母さんが父親にDV受けていたことが動機だったようですが、2人のことを心配する凌介のお人好しぶりに二宮も橘も少し呆れているように見えました。それが凌介らしさでもあるのですが。

また、菱田が訪ねてきたのも一波乱でしたね。

偽名を使っていた二宮に何で?と迫る菱田は威圧感しか無かったですし、凌介宅から林を殺害したと思われる包丁まで出てきたのは衝撃でした。さらに、その後の警察の取り調べ、DNA判定の結果から篤斗の父親が自分ではないと突きつけられた凌介。これはまさかの展開でした。なんだかんだ、篤斗は凌介の子供でこの騒動は杞憂に終わるものだと思っていたのですが‥。

林の殺害を疑われた凌介でしたが、職業柄、録音していた河村に救われましたね。そして、真帆が犯人ではないかと語る橘は先入観や感情を捨ててくれと説得しようとしました。本当に真帆が事件の鍵を握っているのでしょうか。

光莉が閉じ込められているのは棺桶みたいな箱だと調べたプロキシマの仲間たち。葬儀屋で働く本木の関連が容易に想像出来ましたが、やはりラストシーンでそれは明らかになりましたね。何のために本木は光莉を?篤斗が乗っていたという白い車は宗教法人かがやきの世界のものでしたし、篤斗と光莉が別人物に拐われたとは考えにくいので、本木も宗教絡みということなのでしょうか?

また、ぷろびんが木幡に接近していたことやサッカー教室のコーチのサッカーボールを持っていたという発言も今後何かありそうですよね。

一方で、篤斗が自分の子供でないと聞かされ、落ち込む凌介は、「こんなに家族のこと何にも知らなかったなんて」と涙をこぼしました。

二宮は全てを察し、「知らないことは、悪いことじゃない。知っていることが多いことと愛情の深さは比例しない。相手を思っているからこそ秘密にすることもある。そういう風に愛されていたんだ。」と励ましました。

二宮と橘のやり取りから見ても、二宮が凌介のことを変わらず好意があることは明らかで、今後二宮の想いもどんな形となり伝わるのか(はたまた、伝えないのか)も気になるところです。また、そんな中気になったのは強羅の「やっぱりあの子か」という発言。二宮のこと言ってましたよね?どういう経緯で二宮のことを知ったのでしょうか。

事件に、宗教法人かがやきの世界や本木が絡んでいることは明確となり、少し見えてきたような気もしますが、事件の真相が解明されるのはまだまだ先のことですかね‥。

ラストシーンは、監禁中の光莉のもとに本木が。血を抜いてましたよね?何をしようとしてるのでしょうか?木幡に狙われた凌介と共に命の危険に晒され、次回が待ちきれない展開となりました。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2022 OTONOKO movie