【SUPER RICH】見逃し配信・無料動画まとめました(木曜劇場)主演・江口のりこ

SUPER RICH

スーパーリッチを追い求めるベンチャー企業女性社長のジェットコースターのような波乱万丈な半生を描きます。江口のりこさんはGP帯ドラマでは初主演です。

しお
『SUPER RICH』の見逃し配信・無料動画をまとめました。
見逃し配信(最新話のみ)
見逃し配信は終了しました
見放題(全話無料)
レンタル(有料)
レンタルはありません
配信なし
  • Hulu
  • Paravi
  • TELASA
  • U-NEXT
  • Netflix
  • dTV
  • amazon Prime Video
  • TSUTAYA TV
  • ABEMA
  • ビデオマーケット
  • GYAO!ストア

配信情報は 2021年12月25日時点のものです。現在の配信状況については各サービスのホームページかアプリでご確認下さい。

SUPER RICH無料視聴に最適な動画配信サービス
FODプレミアム
  1. 独占配信だから『SUPER RICH』が見れるのはFODプレミアムだけ!
  2. ディレクターズ・カット版が見れるのはFODのみ
  3. 無料期間が 1ヶ月 もあり、期間中に解約すれば一切料金はかかりません
  4. 無料期間中もフジテレビのドラマ・バラエティを中心に 約4万本 が見放題
  5. 漫画・小説(17万冊以上)、雑誌(120誌以上)が読み放題

\2月2日までタダで見放題/

FODで無料視聴をはじめる

無料期間中でも解約OK♪

SUPER RICH見逃し配信・無料動画まとめ

2021年12月25日時点の配信状況

見逃し配信

見逃し配信は2022年1月6日で終了しました。

でも大丈夫です!!
VODサービスの無料期間を利用すればタダで視聴できるんですよ( ◍¯ ꇴ ¯◍ )♪

『SUPER RICH』を配信しているサービスを調べてみました。

動画配信サービスを比較

配信サービス 配信状況 無料期間 料金(税込)
FOD
見放題
1ヶ月 976円
Hulu ×
Paravi ×
TELASA ×
U-NEXT ×
Netflix ×
dTV ×
Prime Video ×
TSUTAYA TV ×
ABEMA ×
ビデオマーケット ×
GYAO!ストア ×

配信情報は 2021年12月25日時点のものです。現在の配信状況については各サービスのホームページかアプリでご確認下さい。

SUPER RICH

FODプレミアム
無料期間 配信形態 月額料金(税込)
1ヶ月 見放題 976円
しお
2022年1月20日の時点で『SUPER RICH』を配信しているのはFODプレミアムだけです。

FODプレミアムはココがおすすめ♪

  1. 無料期間が 1ヶ月 もある
  2. ディレクターズ・カット版が見れるのはFODのみ
  3. フジテレビのドラマ・バラエティはFODしか見れない作品ばかり
  4. オリジナルドラマも豊富で良作が多い
  5. 毎月1300ptもらえる(マンガ購入やレンタルに)
  6. 漫画や小説も17万冊以上配信されている
  7. 150誌以上の雑誌が追加料金なしで読み放題
  • ミステリと言う勿れ
  • ドクターホワイト
  • 私の正しいお兄ちゃん
  • 花にけだもの
  • 他人は地獄だ
  • ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○○
  • おいハンサム!!
  1. コンフィデンスマンJP
  2. プロポーズ大作戦
  3. 現実主義勇者の王国再建記 第二部
  4. 「鬼滅の刃」遊郭編
  5. 競馬予想TV!
  6. ラスト♡フレンズ
  7. ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○
  8. 人志松本の酒のツマミになる話
  9. おいハンサム!!
  10. リッチマン、プアウーマン

2022年1月10日時点

FODプレミアムの特徴
\今なら 1ヶ月 無料/ FODプレミアムで無料視聴をはじめる

あらすじ・感想

※ネタバレを含みます。まだ見てない人は気をつけてくださいね。

放送日:2021.10.14/視聴率:7.8%

あらすじ

裕福な家庭に生まれた氷河衛(江口のりこ)は幼い頃に両親を亡くした。しかし、潤沢な遺産もあったため、大学時代に知り合った一ノ瀬亮(戸次重幸)と電子書籍販売をメインとするベンチャー企業『スリースターブックス』を立ち上げて成功し、女性起業家に贈られる“プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の大賞を受賞するまでになっていた。

そんなある日、衛は亮からアプリ会社へ出資する提案を持ちかけられる。早速会議にかけるが、亮のやり方に懐疑的な今吉零子(中村ゆり)、宮村空(町田啓太)たち社員の反応は鈍い。

その日は『スリースターブックス』のインターン採用試験日。田中リリカ(志田未来)、豪徳尊(板垣瑞生)たち学生が、それぞれの思いで試験場に集まっている。その頃、春野優(赤楚衛二)も試験を受けるために向かっていたが…。

仕事を終えた衛は、大手IT企業『MEDIA』取締役の島谷聡美(松嶋菜々子)と食事。かつて新卒で『MEDIA』に入社した衛にとって、聡美は仕事を教え、育ててくれた憧れの先輩だ。今も衛を気にかける聡美は『スリースターブックス』の現状を尋ねる。なんとかやっていると答える衛に、聡美は経営者の決断は情に流されてはいけないと釘を刺し…。

番組HPより引用

感想

「金なんて、なんぼあってもいいですからね。」こんな衝撃的なセリフがなぜ衛の口から語られたのかを知るには十分すぎる第一話でした。

江口のりこさん演じるこの物語の主人公、氷河衛は、生後0日から金持ちだったと語られるほどに裕福な家庭で育ち、両親を幼い頃に失いながらも大学時代の友人、戸次重幸さん演じる一ノ瀬亮と電子書籍販売企業スリースターブックスの立ち上げに成功。さらに、女性起業家に贈られるプラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤーの大賞を受賞するという活躍ぶりで、明らかにお金持ちのできる女というイメージでした。

自分が言ったわがままのせいで両親が死んだと悔やみ、大切な人を作るのが怖かった衛がやっと心を許した亮。衛は亮に言われるがままに経営方針を決定しているようにも見え、亮に甘すぎだと指摘されながらも、絶対失敗しないとたかを括って多額の投資に踏み切りました。社員みんな衛を信頼し、慕っているように見えるのに対して、亮に対して不信感があるような印象でしたね。ここにも何か理由があるのでしょうか?

そんな中、スリースターブックスではインターンの採用試験が行われます。妊婦の救急車に付き添い、遅刻した男こそが、この物語を大きく揺るがす人物であろう赤楚衛二さん演じる春野優でした。横断歩道も手を挙げるタイプの真面目そうな学生。通りすがりの衛に直談判したものの、フェアじゃないと言われてしまった優は、「この世はずっと、ずっとフェアじゃない。俺にとっては。」と返しました。貧乏な境遇を嘆く優に対して、生まれはフェアじゃなくても時間は平等にあると言い捨て、優が親に借りたと話したスーツ代五万円を握らせるのでした。この時の衛はお金さえあればなんでも解決できると思っていたのかも知れません。

続きを読む

放送日:2021.10.21/視聴率:7.3%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)は、アパートを引き払い無一文で実家に帰ることも出来ないと言う春野優(赤楚衛二)を自分のマンションに連れて行く。すると、マンションの前で宮村空(町田啓太)と今吉零子(中村ゆり)が待っていた。

『スリースターブックス』に戻った衛は、当座必要なお金の工面について幹部たちと話し合う。空たちは一ノ瀬亮(戸次重幸)を探して金を返してもらうか、警察に被害届を出した方が良いと迫るが…。

その頃、優も『スリースターブックス』について来ていた。宿泊先のあてがないと言う優は、空に編集部へと連れていかれる。空は碇健二(古田新太)に頼んで、仮眠スペースで優を預かってもらうことに。

翌日、衛が出社すると島谷聡美(松嶋菜々子)が来ていた。聡美は『MEDIA』社との業務提携を衛に持ちかける。『スリースターブックス』存続に必要な金を出すと言う聡美だが、衛に対してある条件を提示し…。

番組HPより引用

感想

優の一言をきっかけに、信じきっていた亮への思いを断ち切り、仲間を守るために大きな決断をした衛。そして再始動に向けて、大きく動き出したスリースターブックスはこれからどんな荒波を越えていくのか‥。衛と優の関係性も含め目が離せない展開となりました。

前回のラストシーン、交通費がないとついてきた優を衛は会社へと。立て直しのために、4日で一億をかき集めなければという状況に本格的に被害届を出そうと空は話します。甘いと言われながらもまだ亮を切りきれない衛。過去の楽しい思い出が衛をまだ惑わせていました。

そんな衛に、年下の男の子で憂さ晴らししようとした訳じゃないですよね?と話す東海林に吹き出しそうになる空(笑)「衛さんが拾ってきた野良犬です。」と紹介される優には笑っちゃいましたが、空が優を気に食わない様子がよく伝わるシーンでした。

また、聡美が純利益1500万を条件に業務提携したいとやって来ます。一億をかき集めるよりはと一度は安堵したみんなでしたが、これは決して簡単な数字ではなく、編集部とインターンを切らないといけないと東海林は訴えました。しかし衛にそんな選択は毛頭ない様子。会社の全てを守りたい衛が何を守って何を捨てるべきなのか‥。難しい決断をしなければならない状況が衛を苦しめています。

ところ変わって、お腹を減らす優のためにラーメン屋へ向かった空と優。そこへ衛も。ラーメン屋の店主がすっぴんだった衛のことだけ覚えてなかったシーンはクスッとしましたし、優のことは覚えていたのか確認するシーンの2人の空気感がナチュラルで素敵でしたね。そんな中、「衛のところで働かせてくれ。」と話す優に衛は雇う余裕はないと断りました。だけど優もめげずに、やりたいことはすぐ始めろと言ったのは衛だと話し出します。そして、いつかの衛のインタビュー記事の切り抜きを出し、衛の言葉に背中を押されたからこそ、衛の会社で働きたかったと続けました。

「ひょっとして怖いんじゃないですか?一ノ瀬にお前のことずっと騙すつもりだったとか言われるの怖いんじゃないですか?絶対直接聞いた方がいい。どういうつもりだったか。」図星だったであろう優の言葉が衛にすごく響いたのではないでしょうか。亮と食べたラーメンの話をしながら、自分が今ここにいるのは亮のおかげだとすら言いたげだった衛が「1番最初にやらなあかんかったね。」と亮を探す決心ができたのは間違いなく優のおかげでしたよね。

続きを読む

放送日:2021.10.28/視聴率:7.6%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)はオフィスビルを引き払い、従業員を整理して、古い一軒家を借りて新生『スリースターブックス』を始めることにした。衛について来たのは、宮村空(町田啓太)や今吉零子(中村ゆり)たち役員と、なぜか田中リリカ(志田未来)たちインターンの3人。また、会社の核となる電子書籍編集部の碇健二(古田新太)、鬼頭流星(嘉島陸)も加わる。だが、空たち全員が不思議なのは、春野優(赤楚衛二)の存在。ただで雑用もすると言うので好都合だと、衛は優を重宝しているようだが、会社に一緒に住むと聞いた空は気が気でない。

新生『スタースリーブックス』の初仕事として、衛は“ビッグバン作戦”を提案。有望な新人作家を自社で発掘するため、漫画コンクールを開催するという。鮫島彩(菅野莉央)や豪徳尊(板垣瑞生)は疑問に思うが、碇は乗り気。また、衛は並行して最近作品を描いていない漫画家や、まだ電子書籍化していない作家にも仕事のオファーをすると言い、誰もが知っているが近年は作品を発表していない、北別府K(松田美由紀)に目星をつけていた。

早速、衛が北別府に会いに出かけると、優がついてくる。一方、衛が留守の会社には、1人の紳士が訪ねて来る。投資家だと名乗るその紳士は、今吉たちにある提案を持ちかけて…。

番組HPより引用

感想

古い一軒家を借り、気持ち新たに『スリースターブックス』を始めた衛たち。空や零子はもちろん、「ついてきてくれる人は全力で歓迎する。」という言葉を信じインターン生もついてきます。また、衛と一緒に優がその家に住むことに、空は複雑そうでした。衛の一回泊まったことある発言にも分かりやすく驚いていましたね(笑)オフィスを引き払い、辞める社員には就職先を斡旋したり、前回話したように責任をしっかり取ろうとする衛はさすがでした。

2人きりの家。亮を殴った時にできた傷をアラフォーの傷は長引くと話す衛に、長引いてもちゃんと治るという優の言葉は、衛の亮に対しての心の傷もいずれ癒える時が来るという励ましの言葉に聞こえました。そんな中送られてきた「常に5メートル離れろ。」という空のメッセージも、既読スルーする優(笑)2人の関係性が少しクスっとさせてくれました。

以前の仲間の笑顔の写真を見て頑張らんと!と気合を入れる衛。一軒家に移ってからの初仕事として、“ビッグバン作戦”を決行しようとします。有望な新人作家を発掘するための漫画コンクールを開催したり、最近作品を描いていない漫画家や、作品を電子書籍化していない作家にもオファーをするという作戦のため、衛も大ファンだという北別府に声をかけることに。

衛が北別府に会いに出かけると、後ろからストーカーのように優がついてきます。「あほか!36やで。誰が初めてのお使いや」と関西弁で突っ込みながらも、電車の路線図を見て途方に暮れる衛(笑)乗り換えの多さに困惑し、タクシー乗ろうかなと言うシーンは衛らしくて、優と衛、いいコンビだなって思っちゃいました。

続きを読む

放送日:2021.11.4/視聴率:6.7%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)は春野優(赤楚衛二)を『スリースターブックス』の社員として採用することに。そんな中、一ノ瀬亮(戸次重幸)が逮捕されたと連絡が入る。

衛、宮村空(町田啓太)、今吉零子(中村ゆり)ら役員が集まり、亮を相手に民事裁判を起こそうと協議するが、優は蚊帳の外。優は仕方なく、田中リリカ(志田未来)たちインターンとラーメン屋に集う。優は自分たちも何か出来ないかと提案するが、リリカに見守ることしか出来ないと言われてしまう。

衛は亮の面会に行くが、亮に民事裁判のことを伝えられずにいた。そんな衛に東海林達也(矢本悠馬)は、新しいオフィスになったのに何も変わらない、亮に甘えてばかりの衛に期待した自分がバカみたいだと告げる。

その後の役員会議で、衛が新たな会社の目標として月5千万円の売り上げを掲げると、空は新しい企画への参画を提案する。それは、飲料メーカーのペットボトルのラベルに漫画を掲載するというもの。興味を示した衛は、早速、空とコンペの説明会に参加するが、会場で空は急に顔色を変え、席を外してしまい…。

番組HPより引用

感想

空の過去に触れられ、どうして空があれほどまでに衛を慕うのか、よく分かった回となりました。そして、空と優から好きだと伝えられた衛。どんな展開が広がっていくのかますます気になるラストシーンでした。

亮が逮捕されたと連絡を受けた衛。訴えれば、あいつからむしり取られるものがあるかもしれないと話す零子に対して、衛はそんな気分にはなれそうもなく‥。煮え切らない態度の衛に対して、5年かけて育てた会社をメチャクチャにされて憎くないのかと東海林も苛立ちを見せました。東海林たちからすれば、衛の態度ももどかしいですよね。このような状況に晒され、衛にはもっと潔くあってほしいと思ってしまって当然だと思います。

亮の面会に行く衛は、訴えるなんてことは伝えられず‥。あんたなんかいなくても大丈夫だからと立ち去ろうとする衛に、土下座して謝るシーンは少しは反省したのかなと思いましたが、このシーン、結局さらにお金をたかっていたんですよね。しかも嘘までついて。本当ありえないほどのクズっぷり‥。後に、空に語っていた衛の気持ちもわからなくはないですが、そろそろ目を覚ましてもいいように思います。

また、1人社員になった優とは違い、先行き不安なインターン生たち3人についても気になる展開でした。「この会社のこと好きになった、けど社員じゃないから。」と話したリリカ。就職先が決まらず焦る気持ちも、周りに取り残される不安も、すごく良くわかります。

続きを読む

放送日:2021.113.11/視聴率:7.0%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)は春野優(赤楚衛二)に告白された。優は宮村空(町田啓太)に衛を取られたくないと言うが、衛は彼の告白をはぐらかそうとする。2人が押し問答のようになっていると、インターフォンが鳴り、島谷聡美(松嶋菜々子)がやってくる。衛は聡美を食卓に招き、旧『スリースターブックス』社員の再就職先を世話してくれたことへの礼を述べた。そんな衛に聡美は、次に何を考えているのかと尋ねる。

次の日、衛は社員たちに会社の新たな目標を掲げる。すると資料を読んでいた優が、目標のひとつである人材育成の手段として挙げられていた留学に自分が行きたいと発言。まだ軌道に乗っているとは言えない会社で海外留学出来る人間は優しかいないと、1年間の留学に赴くことになり…。

番組HPより引用

感想

初めて衛の記事を見た時、やりたいことをまっすぐ追いかけている衛に、頭を殴られたような感覚を覚えたと話す優。冒頭「それぐらい欲しかったんです!」と熱弁する優に何が起きたのか‥(笑)なんとなく想像はつくものの、さすが衛だなという展開に笑ってしまいました。

前回受けた優の告白を華麗にスルーした衛(笑)はぐらかす衛に助け舟かのように聡美が訪ねて来ました。新しく始めたスリースターブックスを、恥ずかしいと言う衛に謙遜ならいいけど本当なら失礼だと嗜める聡美は聡明でしたね。衛自身も実際のところ恥ずかしいなんて気持ちがあるわけがなく、安心でした。また、空にも、優にも思いを伝えられたこと、零子はお見通しでしたね(笑)2人とも分かりやすすぎますもんね‥(笑)

衛の新たな計画、海外への進出をかけて優が立候補して海外へ。今度は衛に告白をちゃんと受けてもらえるような大人になって帰ってくると意気込み出発。最終話にありがちな展開を敢えて中盤に持ってきて新章へという流れはテンポ良く見れましたし、その一年後という流れも特に違和感なく見れましたね。

帰国した優は一皮むけてちょっと大人な男性に。だけど中身はそのままの優でした。帰国して早々に、リリカから私の勘なんだけどと前置きされながらも、衛と空が付き合っているかもと聞かされて慌てるのも優らしかったです。その後、スリースターブックスに戻り、泊まりたい優と泊まらせたくない空の攻防も安定のやりとりでした(笑)

続きを読む

放送日:2021.11.18/視聴率:6.3%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)は宮村空(町田啓太)に抱きしめられた。ちょうどそこに、酔い潰れた碇健二(古田新太)を連れた春野優(赤楚衛二)が帰ってくる。問いただそうとする優と空は言い争いになり、衛は2人を仲裁する。優は衛に、実家のために空から金を借りた事を伝え、借金返済のため、夜間のアルバイトを始める。

そんな中、『スリースターブックス』は『三日月モバイル』への提携企画を再提出することになる。優は東海林達也(矢本悠馬)、田中リリカ(志田未来)たちと新たな企画書を森ノ宮大吾(矢野聖人)に見せるため会社に乗り込む。だが、『三日月モバイル』は専務の大河一郎(田山涼成)に牛耳られ、彼の息のかかった社員ばかり。優たちと同行した城戸密(結木滉星)は、彼らに社員たちがいる前で余計なことを話さないようにと釘を刺し…。

番組HPより引用

感想

毎回、予想より一歩先を行く展開に驚かされてばかりでしたが、今回も驚きの展開でしたね。まさか衛が優に気持ちを伝えることになるとは‥!視聴者誰もが意表をつかれたのではないでしょうか。

前回、空が衛を抱きしめるシーンに出くわした優たち。碇に整理しようと言われて机についた4人でしたが、面白い構図でしたね(笑)私と宮村くんの話だから言えないと優に言い放ち、その横ですぐに一回真剣に考えると話した衛でしたけど、碇が言うように大体推測つきましたよね(笑)

2人のことが人としてとっても好きだ、仕事も楽しい。それはそれ、仕事は仕事。一緒に頑張ろうとまとめた風な衛でしたが、2人は煮え切ってはいない様子でした。

また、スリースターブックスが業務提携先にと狙う三日月モバイルは専務の大河が牛耳っており、太刀打ちできそうにもありません。専務派閥を見つけるべく、ラーメン屋に問いただし、盗聴器まで見つけても、なかなか森ノ宮の首を縦に振らせるとこが出来ませんでした。優は「お金とか地位とか親とか権力争いとか全部取っ払ったら何をしたいのか」と森ノ宮に訴えかけあと一歩かなとも思えたのですが‥。

ところ変わって、優と一緒に施設にいる祖母に会いに行った衛。母と間違われ憎まれ口を叩かれ、さらにはお前のせいで死んだとぶつけられた衛。すみませんと淡々と謝り、何も応えてなさそうに話しましたが、毎回こんなこと言われてしまったら衛の心がもたないのではと思ってしまいました。

続きを読む

放送日:2021.11.25/視聴率:5.8%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)は春野優(赤楚衛二)からプロポーズされた。だが、優は自分が宮村空(町田啓太)に借金を返済するまで待って欲しいと頼む。仲良さげな衛と優の会話を偶然聞いてしまった今吉零子(中村ゆり)は衝撃を受ける。

一方、『スリースターブックス』は森ノ宮大吾(矢野聖人)が新たに設立した『フォレストモバイル』とのコラボ企画が正式に決定し、銀行からの融資も受けられるほど順調となっていた。さらに、田中リリカ(志田未来)や東海林達也(矢本悠馬)たちは旧『スリースターブックス』のオフィスビルに入っている『フォレストモバイル』に移転計画があることを知り、自分たちが元のオフィスに戻れるかもしれないと希望を持つ。そんな中、リリカは鮫島彩(菅野莉央)の様子がおかしいことに気付き…。

番組HPより引用

感想

裏切り者が誰なのかわかった今回。ピンチを乗り越えさらに強くなれたはずのスリースターブックスでしたが、衛と優の関係が進展すればするほど、今まで作り上げてきた零子との関係が危うくなり、スリースターブックスはまたもピンチとなってしまうのではないかと心配が残る回となりました。

結婚しようとプロポーズした優に、衛はリアルなやつなのか?ファンタジーなやつなのかと問いました(笑)プロポーズしたくせに、一旦忘れてくれと言ってみたり、なかったことにはしないでくれと言ってみたり‥こんな曖昧な会話ですらも、2人は楽しそうでしたね。二人の姿を影から見ていた零子がショックを受け泣いていましたが、今話は零子の気持ちを思うと辛い回となりました。

一方で、フォレスモバイルとコラボが決定したスリースターブックス。順調に業績を回復させ、元のオフィスまで戻れるんじゃないのかというところまで来ていました。そんな中、またも事件が。漫画の盗作疑惑が持ち上がり、碇が疑われる状況になるなんて本当予想外でしたが、真犯人はまさかの城戸でしたね。

裏切り者の城戸に「いろんな人の人生をめちゃくちゃにするために君はお金を使った。いろんな人のいろんな努力を全部無駄にした。時間も努力も情熱もお金も全てをこの世の中で1番価値のないものに使ったんだ。俺は君のことを可哀想に思うよ」と投げかけた優の言葉は印象的でした。

続きを読む

放送日:2021.12.2/視聴率:7.1%

あらすじ

『スリースターブックス』は、以前のオフィスビルに戻る寸前まで業績を回復。そんな中、氷河衛(江口のりこ)と春野優(赤楚衛二)が結婚の予定であることを仲間たちが知る。突然のことに衝撃を受ける仲間たち。とりわけ、宮村空(町田啓太)と今吉零子(中村ゆり)の胸中は複雑だ。

今吉は出社時間を早めて会社に行き、衛に『スリースターブックス』を辞めると告げる。衛は今吉を引き留めようとするが、今吉の決意は固い。

また、田中リリカ(志田未来)だけが気づいていた鮫島彩(菅野莉央)の妊娠も、衛が知ることになる。さまざまな問題が浮き彫りになり、『スリースターブックス』の仲間たちに崩壊の危機が訪れようとしていた。

そんな中、『スリースターブックス』に恨みを持つ人間が次々に現れ、会社は窮地に立たされる。そして、優にも危機が…。大波乱の第2章が完結!

番組HPより引用

感想

衛がこんなにも人から好かれるのは、その人間性なんだろうなと改めて感じさせた今回。最終話に向けて、まだまだ波乱が待ち受けているのだろうと予感させ、目が離せない展開となりました。

今回はなんと言っても、同性愛者だとSNSで中傷された零子にかけた衛の言葉が響きましたね。

スリースターブックスを離れると話した零子に、勝手に今吉とはこれからもずっと一緒だと思っていたと驚きを隠せない衛。「衛にとって本当の本当に1番大事な人になりたかった。春野くんみたいに。」零子が衛に本当の気持ちを伝えたいと話したこの精一杯なセリフは、本当に切なくなりました。

そして、騒ぎの中、自分のせいで取引先からの信用を失うことを心配する零子に、そんなことは心配していない。こんなことでなくなる仕事はこっちから願い下げだと話し出し、「私らが心配しているのはこんなくだらんコメントで大事な今吉が嫌な気持ちになっていないか、いや、絶対なってるからそれを心配している。人間の、大事な友達のあなたの、心の話をしているんや。」と続けた衛。零子が衛を好きになるには十分すぎるほどの理由がそこにはあったように思います。そして、「何にも悪いことしていないのに暴力振るわれたんやで。」という言葉は、まさにその通りで、零子の側に衛がいたことを心強く思いました。

続きを読む

放送日:2021.12.9/視聴率:6.5%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)の献身的な補助で、強盗に刺されて傷ついた春野優(赤楚衛二)は回復。そして2人は桜(美保純)と良次(上島竜兵)を証人に、晴れて婚姻届を提出した。また、今吉零子(中村ゆり)、鮫島彩(菅野莉央)を引き留めた『スリースターブックス』は以前入っていたオフィスビルへと移転し、1年後には株式上場を考慮するまでに成長する。

そんなある日の役員会議で、衛は自身の勤務形態をリモートに変えたいと言う。出産育児を経験している鮫島から、リモートワークの課題を指摘された衛は、経験のために自分で運用してみたいというのだ。田中リリカ(志田未来)は衛のリモートワークを懸念し、宮村空(町田啓太)に相談を持ちかける。会社のナンバー1の衛がリモートを続けるなら、明確なナンバー2を据えるべきだと言う。

その夜、優に真子(茅島みずき)から急な連絡が入る。それは、優の実家に関わる重大な出来事で…。

番組HPより引用

感想

以前の姿からは想像のつかないセリフを吐き捨てる優の変貌には驚かされたものの、優が抱える仕事の重圧や空への嫉妬、家族への苛立ちを見てしまうと、それすら仕方ないと思えてしまうやるせなさがありました。最終話に向けて残り2話、新たな裏切り者も現れるようで、どんなラストを迎えるのか気になる展開となりました。

1年4ヶ月前。優の両親を証人に婚姻届を提出した2人。「いいですね、家族って。」と優と優の両親のやりとりを見て話す衛に、「あなたも家族になるのよ、うちの。」と返した優の母。この時、早くに両親を無くし、家族の温かさに触れることの少なかった衛の嬉しそうな顔が印象的でした。ついに本当に結婚したんだなと感慨深くなってしまいますね。

一方で、零子、鮫島が残ることになったスリースターブックス。以前のオフィスへ戻ることにも成功し、株式上場を視野に入れるほどにまで成長を遂げていました。まさかのラーメン屋さんが衛の会社で会計士として働いているなんて驚きましたね(笑)

そんな中、育休中の鮫島からリモートワークの課題を指摘された衛は、自分も経験してみたいと自らのリモートワークを提案します。まさか、この発言の裏に、脳梗塞の危険があると言われ、仕事をセーブしなければならない状況になっているなんて衝撃的でした。優がせっかく復帰したというのに、次は衛‥。急展開でしたね。

続きを読む

放送日:2021.12.16/視聴率:6.5%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)と春野優(赤楚衛二)の家に、桜(美保純)と良次(上島竜兵)が謝りに来た。しかし、優はもう工場をやめた方が良いと言い放ち、2人に金を渡して出て行ってしまう。

しばらくして優が家に帰ると、衛は話があると切り出す。2人は自分たち夫婦の今後について話し合い、ある結論に至る。

次の日、衛は『スリースターブックス』の仲間に体調のことを打ち明ける。すでにそのことを知っていた宮村空(町田啓太)以外、今吉零子(中村ゆり)や東海林達也(矢本悠馬)、鮫島彩(菅野莉央)たちは驚くものの話を受け入れる。衛は休養を取ることになり、優はCOOを続けることに。

その後、優は空に謝り、衛は今吉たちと食事へ行くなど、仲間たちの絆は一段と強まっているかのように思えた。しかし、碇健二(古田新太)は今後の自分の身の振り方を模索。一身に仕事を担っていた空も…。

番組HPより引用

感想

空の語りから始まる冒頭。幼少期、共働きの両親に代わりよくしてくれていた祖母が亡くなり、飼っていたウサギも亡くなり‥。自分の感情を押し殺さないと誰かに迷惑がかかると考えるようになったと話した空。

「だから耐えてきたのか?ポジションが奪われても。本当にやりたいことを実現したことがあるのか?」と聞かれたことが空の心を動かしてしまったのかもしれません。法廷に立つ空が映し出され、空が何かやってしまったのか、裏切り者が空ということなのかという不安なスタートでした。

そして、前回ラストに「腹割って話そか?」と語りかけた衛の続きとして、「俺は嫌だから」と別れ話だと思って拒否する優は必死すぎましたね。1500個くらい言いたいことがあると言っていた衛でしたが、3個に絞ってました(笑)かなり掻い摘みましたね(笑)

病気を黙っていたことを謝り、両親のことについても優が後悔しないようにと話した衛。そして手を取り合い「私はどんな時も優の味方だから、覚えておいて。」という衛の一言が優に結婚することの意味を改めて実感させていました。“相手の味方でいるために側にいる”優と衛らしいなと思いました。

翌朝、スッキリした顔の優を見たリリカの一言はやっぱり優のこと好きなんじゃないかと感じましたが、女子会で名前は出さないものの、吹っ切れたと様子でしたね。衛は鈍感そうなので絶対気がついてないと思いますが、優も優で鈍感ですよね(笑)零子たちは勘づいていたんじゃないでしょうか。リリカ自身も優には衛しかいないことを、ずっと近くにいて思い知らされていたでしょうね‥。

続きを読む

放送日:2021.12.23/視聴率:6.6%

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)は、島谷聡美(松嶋菜々子)から『MEDIA』社が『スリースターブックス』にTOB(敵対的買収)を仕掛けるという連絡を受ける。しかも、TOB後は宮村空(町田啓太)を『スリースターブックス』のCEOに据えると言うのだ。衛は優(赤楚衛二)とともに空に会って真偽を問う。すると空は、自分も「やりたいことをやってみたくなった」と告げる。

衛と優は、今吉零子(中村ゆり)、東海林達也(矢本悠馬)、鮫島彩(菅野莉央)たち役員を集めて事情を話す。聡美が2年前から用意周到に空のヘッドハンティングを開始したこと、『MEDIA』が欲しいのは『スリースターブックス』が持つ作品と作家のライセンスだけで、空以外の社員は不要になってしまうこと、さらに、潤沢な資金でTOBを仕掛ける『MEDIA』に対抗することは困難を極めることも…。それでも、衛は社員たちを守るために『MEDIA』の買収に対抗して、友好的に買収・合併してくれる相手を探すことになり…。

一ノ瀬亮(戸次重幸)から始まり仲間に裏切られ続けた衛だが、優たちと上場にまで押し上げた『スリースターブックス』に最後の引導を渡すのは空と聡美になってしまうのか?波乱の物語が完結!

番組HPより引用

感想

幸せのカタチ、スーパーリッチを追い求めるキャリアウーマン・衛の波瀾万丈な半生を描いた『スーパーリッチ』。親友だったはずの亮に裏切られどん底の中、優と出会ったことが衛の人生をどんな未来へと向かわせるのでしょうか。

前回、スリースターブックスの作家と作品のライセンスを狙い、TOBを仕掛けてきた聡美。空も自分やりたいことをやってみたくなったと話し、不安な状況からどんな風に展開されていくのか気になる最終話となりました。

まずは空が裏切り者ではなかったことに安心しましたね。さすがに裏切る訳はないと思っていましたけど、このドラマの展開の速さは何が起きてもおかしくないという不安もあったので‥。「僕がやりたいことは、この会社を守ることです!」と話し、2年も前から今日の日のために動き出していた空は本当に頼れる存在でした。

作家も作品も社員もメディアの金儲けの道具にされたくない、ホワイトナイト探そうと動き出した衛たち。メディア社より高値で買ってくれ、尚且つ味方になってくれる投資家を探すことになったのですが、優による海外でのホワイトナイト探しは難航‥。(この時、お土産に変な人形なんかじゃなくて、免税店で化粧水を買って帰った優に成長感じました◎笑)

そんな中、衛のピンチを聞き亮が駆けつけました。最終話くらい、いいところを見せてくれるのかと思いましたけど、さすが亮(笑)「もう一生電話かけてくんな、あほ!」と言い放つ衛が最高でしたよね。

続きを読む

SUPER RICH番組情報

江口のりこさんの主演ドラマは『野田ともうします。』や『ソロ活女子のススメ』がありますが、ゴールデンプライム帯での主演は今作は初めてですね。

順風満帆に見える人たちにも様々な出来事が降りかかり、悩みがあり、壁がある。しかし、めげたりせずに歯を食いしばって立ち向かう。きっと視聴者も、昨日より今日の自分が好きになれる、そんな素敵なドラマです。

赤楚衛二くんと町田啓太くんといえば、昨年の『チェリまほ(30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい)』を思い出さずにはいられません。今回のSUPER RICHでは江口のりこさんと赤楚衛二くんのラブシーンがあるようですが、町田啓太くん以外とのラブシーンは受け入れられないかも・・・

また、FODでディレクターズ・カット版を放送することが決まっています。フジテレビがディレクターズ・カット版を配信するのは今回が初めてじゃないでしょうか。

主題歌を手掛けるのはシンガーソングライターの優里さん。「ドライフラワー」や「かくれんぼ」が有名ですよね。今回ドラマのために描き下ろした「ベテルギウス」は、人と人の繋がりや絆をテーマにした楽曲で、これまでとは違った楽曲に仕上がっています。優里さんの裏声がすごくきれいですよ。

放送局・放送日程

放送局 放送時間 放送開始日
フジテレビ系 木 22:00 2021年10月14日

視聴率

平均視聴率 6.8%

スタッフ

【脚本】
溝井英一デービス
【演出】
三橋利行、平野眞、相沢秀幸、阿部雅和
【音楽】
fox capture plan
【主題歌】
優里「ベテルギウス」
【プロデュース】
金城綾香、栗原彩乃
【製作著作】
フジテレビ第一制作部
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/SUPERRICH/
【Twitter】
https://twitter.com/super_rich_cx
【Instagram】
https://www.instagram.com/super_rich_cx/

キャスト

スリースターブックス
氷河衛:江口のりこ
共同CEO。大学時代に出会った一ノ瀬亮と共に「スリースターブックス」を設立した。
春野優:赤楚衛二
アルバイトで生計を立てる専門学校生。「スリースターブックス」のインターン試験を受験する。
宮村空:町田啓太
衛を献身的に支える秘書的存在の社員。インターン生の世話係。
東海林達也:矢本悠馬
技術責任者。会社の創業当時から衛を支える仲間。
鮫島彩:菅野莉央
マーケティング最高責任者。衛のことを心底慕っている。
鬼頭流星:嘉島陸
編集部で働くアロハシャツがトレードマークの若手社員。沖縄県出身。
碇健二:古田新太
電子書籍編集長。ひょうひょうとした性格で、取り乱すことなく淡々と仕事をこなす。
今吉零子:中村ゆり
ファイナンス最高責任者。創業時からのメンバー。衛が初めてできた女友達。
一ノ瀬亮:戸次重幸
共同CEO。衛とは大学時代に出会い、彼女が脱サラした後に、共同で「スリースターブックス」を設立した。
田中リリカ:志田未来
プライド高き高学歴大学生。
豪徳尊:板垣瑞生
明朗快活な性格の大学生。インターンの盛り上げ役。
高橋みゆ:野々村はなの
クールな性格の大学生。
その他
島谷聡美:松嶋菜々子
IT企業「MEDIA社」の取締役。衛の元上司であり、恩人。
優の関係者
春野桜:美保純
優の母。栃木県にある家族経営の工場を出稼ぎの夫に代わり、一人で切り盛りしている。
春野真子:茅島みずき
優の妹。しっかり者の高校生。

ゲスト出演者

第3話
北別府恵子:松田美由紀
漫画家。「北別府K」の名で執筆活動を行っている。
飯田:飯田基祐
投資家。「スリースターブックス」に条件付きで5000万円の出資を申し出る。

見逃し配信・無料動画まとめへ戻る

2021年秋ドラマSchedule

木曜劇場

2022.01 ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○○
主演:黒木華
2021.10 SUPER RICH
主演:江口のりこ
2021.07 推しの王子様
主演:比嘉愛未
2021.04 レンアイ漫画家
主演:鈴木亮平・吉岡里帆
2021.01 知ってるワイフ
主演:大倉忠義
2020.10 ルパンの娘2
主演:深田恭子
2020.07 アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋
主演:石原さとみ
2020.01 アライブ がん専門医のカルテ
主演:松下奈緒
2019.10 モトカレマニア
主演:新木優子・高良健吾
2019.07 ルパンの娘
主演:深田恭子
2019.04 ストロベリーナイト・サーガ
主演:二階堂ふみ・亀梨和也
2019.01 スキャンダル専門弁護士 QUEEN
主演:竹内結子
2018.10 黄昏流星群
主演:佐々木蔵之介
2018.07 グッド・ドクター
主演:山﨑賢人
2018.04 モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
主演:ディーン・フジオカ
2018.01 隣の家族は青く見える
主演:深田恭子・松山ケンイチ

-2021年秋
-, ,

画像の右クリックは禁止してます

© 2022 OTONOKO movie